概要・診療体制

耳鼻咽喉科では一般外来診療、入院、手術まで幅広く対応しております。
主に、急性扁桃炎などの感染症、難聴、顔面神経麻痺、めまいなどの急性期疾患の入院や外来での治療や、慢性中耳炎、滲出性中耳炎、真珠腫性中耳炎などの耳疾患、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鼻中隔湾曲症などの鼻・副鼻腔疾患、習慣性扁桃炎や耳下腺、顎下腺腫瘍、声帯ポリープなどの咽喉頭良性腫瘍疾患、アレルギー疾患など幅広い疾患に対して、手術や外来・入院診療を行っております。
頭頸部悪性腫瘍や高度医療が必要な場合には、横浜市立大学病院や横須賀共済病院などと連携しながら迅速な対応をさせて頂いております。
当院は常勤医師2人を中心に、横浜市立大学の関連病院として大学等より耳鼻咽喉科非常勤医師の応援を仰ぎ、専門性の高い手術や外来診療にも対応しております。
どうぞお気軽にご相談ください。

認定施設等

日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設

外来診察日

月~土曜日の午前9~11時、水~金曜日の午後2~3時

主な対象疾患と治療について

悪性疾患を除く、一般的耳鼻咽喉科疾患に対応しております。
日帰り手術や短期間の入院手術、睡眠時無呼吸の検査なども行っております。
その他専門性の高い手術も、横浜市立大学等より非常勤医師の応援を仰ぎ対応しております。
小児科常勤医師がおりませんので、合併症のある小児の手術などの場合には、他院に紹介させていただく場合もあります。

アレルギー鼻炎・慢性副鼻腔炎

日帰りレーザー治療(CO2)や5-6日の入院での手術療法(内視鏡下副鼻腔手術、鼻中隔矯正術、粘膜下下甲介切除術など)を行っております。
5歳以上の方には、外来にてスギ・ダニの減感作療法も行っております。
小学生以上で特に鼻づまりの強い方は、レーザーや手術療法で高い効果が得られます。

睡眠時無呼吸症候群

いびきや無呼吸が全身に及ぼすリスクは高く、精査加療が推奨されております。
閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の診断と治療を行っています。

突発性難聴

難聴の度合いにより、外来内服加療や、1週間程度の入院でステロイド・血管拡張薬・ビタミン剤加療、星状神経節レーザー治療を行っております。また、鼓室内ステロイド療法を併用しております。
他、補聴器相談や聴覚障害認定も行っております。

顔面神経麻痺

麻痺の度合いにより、外来内服加療や、1週間程度の入院でステロイド・血管拡張薬・ビタミン剤加療、星状神経節レーザー治療を行っております。
またリハビリテーションスタッフによる顔面神経リハビリ治療を行います。

急性炎症(急性扁桃炎など)

状態によって抗生物質の点滴加療、補液や膿瘍穿刺、切開処置などの治療を行います。

日帰り・短期入院手術

鼻レーザー治療

アレルギー性鼻炎や肥厚性鼻炎で特に鼻づまりがつらい方は、日帰りの鼻レーザー治療を行っております。
約30分で、小学校低学年から施行可能です。

鼻ポリープ摘出術

鼻内のポリープ摘出術は短期入院で、局所(または全身)麻酔で施行可能です。

その他当院で行っている手術

鼓室形成術、鼓膜形成術、鼓膜チューブ挿入術、耳瘻孔摘出術、耳下腺腫瘍摘出術、顎下腺腫瘍摘出術、唾石摘出術 、頚嚢摘出術、耳介手術、内視鏡下鼻・副鼻腔手術、鼻中隔矯正術、粘膜下下鼻甲介切除術、鼻甲介レーザー焼灼術(CO2)、鼻骨骨折整復術、鼻出血止血術、アデノイド切除術、口蓋扁桃摘出術、扁桃周囲膿瘍切開排膿、舌小帯形成術、口唇嚢胞摘出術、顕微鏡下喉頭腫瘍摘出術、声帯ポリープ摘出術、気管切開術、リンパ節摘出術など

スタッフ紹介

鴨志田 梨沙

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会 専門研修指導医
補聴器相談医
身体障害者福祉法第15条指定医

髙尾 なつみ

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
身体障害者福祉法第15条指定医