病棟看護業務の流れ <日勤>

病棟看護業務の流れ<日勤>

先輩メッセージ

「あなたの笑顔に元気をもらえる」と、患者様から言っていただくことがあります。
また患者様やご家族に穏やかな表情や笑顔が見られると、私自身も嬉しい気持ちになります。 そのため、現在働く病棟では、入院も多く忙しい時もありますが、一人ひとりと笑顔で接することを大切にしています。
今後は知識と技術を向上させて、対象の目線に立って考えながら、安心してもらえる看護を行っていきたいと思っています。
日々の忙しい仕事の中で、患者様に対するケアがなかなか行き届かない事もありますが、優先順位を考えながら動く事で、患者様と関わる時間が増え、ケアする時間が増えることにやりがいを感じます。
そうした時間を持つ事は患者様の思いを知る機会となるので、より患者さんにあった看護に繋げていきたいと考えています。
私の所属している部署は地域包括ケア病棟です。
急性期病棟や地域の病院で治療され、症状が安定した患者様に対し、リハビリや退院調整を行っています。
入院された患者様が、元気な姿で退院される時やりがいを感じます。患者様の病状がよくなり、退院される時「辛かった時に貴方がそばにいてくれて助かった」とお言葉をいただき、看護師として、患者様のためになれたことを嬉しく思いました。
私は臨床指導者として学生の皆さんの実習サポートしています。
会話することも緊張していた時から、個別性を考え計画を立て、患者様、ご家族から信頼を得て成長していく実習生の姿をみて嬉しく思っています。
入職後はプリセプターをはじめ、病棟全体で新人の皆さんを支えています。
みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。
子育てをしながら働ける病院を探していたところ、衣笠病院に出会いました。病院には保育所も完備されており、家庭を持ち、子育てをしながら働いている看護師が多くいることを知り、就職をきめました。
現在手術室に配属されています。先輩たちは優しく、なんでもひとつずつ丁寧に教えてくれます。また、全員が家庭と仕事を両立しているため、仕事以外のことも親身になって相談にのってくれます。その点でも安心して働ける環境だと感じます。
就職を決める時回復期リハビリテーション病棟でインターンシップさせていただきました。その時のスタッフの優しさや病棟の雰囲気の明るさをみて、自宅からは少し遠いのですが就職を決めました。
回復期リハビリテーション病棟はリハビリテーションを集中的に行っていく病棟であり、患者様は術後の痛みや脳血管疾患による麻痺などをかかえながら日々のリハビリに取り組み、日常生活を送っているので、その苦労や努力を理解しサポートしようと心がけています。

 

準備中
  • 〒 238-8588 神奈川県横須賀市小矢部2-23-1
    046-852-1182(代) FAX 046-852-1183
衣笠病院グループ