理事長 室谷 千英

 
日本医療伝道会は、キリスト教を設立の礎とする社会福祉法人として、三浦半島地域の保健・医療・福祉のサービスを担っています。1947年(昭和22年)に旧海軍の施設を譲り受けて衣笠病院が開設されたのをはじめとして、当法人は時代や社会状況の移り変わりに応えつつ、事業を拡大させて参りました。
 今日、医療や福祉を取り巻く状況は大きく変貌しつつあります。医師不足による地域医療の危機が叫ばれる一方で、急速に社会の高齢化は進み、求められる福祉サービスの範囲は拡大しています。このような中、新規に多くの企業が福祉の分野に進出してきていますが、私どもは「利益を目的としない、奉仕の精神を貫く公益法人として」の道を歩みつつ、何より利用される方々に安心してお選びいただける病院・施設・サービスであることを願っています。
 「健診(人間ドック)から看取りの先まで」
「身体から、こころ、魂のケアまで」
お一人おひとりの状況に合わせて、私どもの力を一体的に提供できるように努力を重ねて参ります。聖書の語り掛けに耳を傾けつつ、地域の皆様からますます信頼される衣笠病院グループ・日本医療伝道会を目指して参ります。

日本医療伝道会トップページへ