ケアセンターへ

  
      

在宅で安心して療養生活を過ごすために、訪問看護師がお手伝いいたします。お身体のご不自由な方の看護、床ずれの処置、医療器具の管理、リハビリテーション、在宅ターミナルケアなど、さまざまな看護サービスを行います。夜間の緊急対応(電話相談・必要時の訪問)もいたします。


“訪問看護”ではどんなことをしてもらえるの?
・健康状態の観察
体温、脈拍、血圧などを測ったり、肺音や腹部の状態または傷や打ち身、痛みのある部分などを確認します。
・日常生活の看護(身体の清潔、食事、排泄の援助など)
お身体を拭いたり(拭きながら皮膚の状態をみます)、便秘、下痢をしているときは状態にあった処置をいたします。
・介護方法の相談
医療処置の方法やその他、何か不安なことがあれば医療的な観点からご相談をお受けいたします。
・医療器具の管理及び指導
取り扱いの難しい器具の管理・使い方、トラブルの対処などあればご相談ください。
・認知症の方の看護相談
徘徊やその他認知症の症状などでお困りのことがありましたらご相談をお受けいたします。
・床ずれの予防・処置
寝たきりなどで出来た床ずれの処置を主治医と連携しながら行います。加えて床ずれが出来ないようにお手伝いをします。
・在宅での看取りのお手伝い
「最後まで家で」とご希望がありましたら、不安なく見取りが出来るようにお手伝いいたします。
・かかりつけ医師との連携
症状の変化などはもちろんいろいろな面で主治医と連携しながら進めていきます。
・在宅リハビリテーション
リハビリを在宅で頑張りたいという方、応援いたします。
  
こんな方が利用できます
訪問看護を利用できる方
病気やケガなどにより、居宅において継続して療養を受ける状態にあって、かかりつけの医師が訪問看護を必要とすると認めた方が対象です。年齢の制限はありません。
*かかりつけの医師の指示書が必要となります
営業日・営業時間など
月曜日〜金曜日   午前8時30分〜午後5時00分
土曜日       午前8時30分〜午後12時00分
日曜日、祝祭日、年末年始(12/29〜1/3)はお休みとさせていただきます。
緊急時訪問看護体制について
休日・営業時間外でも、常時利用者の方やそのご家族の方からの電話などによる連絡や相談に対応いたします。
利用料金・訪問回数
医療保険による場合と介護保険による場合とで内容が異なります。
どちらの保険を用いるかは、疾病ごとに法令で定められています。
  
ご利用方法は
ご自身が契約されているケアマネジャーを通してお申し込みください。
連絡先
衣病訪問看護ステーション
 電話 046-852-1471  FAX 046-852-1485
 
衣病訪問看護ステーション長瀬

 電話 046-843-3172  FAX  046-843-3176